ゼロファクター ヒゲ 青ヒゲ

MENU

【体験談】青ヒゲはこんなにも損する!?

 

私は、40年近い人生の中でヒゲが濃くて得したことなんて一度もありませんでした。

 

それどころか、ヒゲが濃いことで損したことがたくさんあるんです。

 

しかし、いまではゼロファクターのおかげでヒゲが薄くなり、損することはなくなったんですよ。

 

そんなゼロファクターの効果を理解していただけるように、濃いヒゲで損した私の実体験をお届けします。

 

自分の人生を振り返ってみると、小学4年生くらいのときから何となく自分の体毛が友達と比べても濃いなんて思っていたんですよね。

 

その時は、まだ小さくて大人な感じがするとかって自分の気持ちに嘘を付いていたような気がします。

 

でも、私の本音を言うと、まわりのみんなと同じくらいが良かったんです。

 

だって、体毛が濃いってことは、ヒゲも基本的には濃いってことになりますから、、、。もちろん下の毛が生えるのも早かったですよ(笑)

 

当時はまわりから大人だって少し羨ましがられていたような気がしますが、私としては全然良いことでもなんでもありませんでした。

 

その後、中学生になると自分は同級生の中でも体毛が濃い方なんだと本格的に実感しました。

 

当時はヒゲを薄くする方法なんてもちろん分かりません。

 

大人になった時の自分を想像してみたけど、、、何度想像しても青ヒゲの未来しか思い浮かびません。

 

正直、青ヒゲの未来なんてイヤだと思いましたし、どう考えてもヒゲが似合う外国人のような顔ではありませんからね(笑)

 

でも、高校生になった時、ヒゲのコンプレックスを解消する方法を思いついたんです。

 

それは、原始的ではありますが、毛抜きでヒゲを抜く方法です。

 

まだ若い時ですからヒゲだけではなく眉毛も抜いて整えていましたし、すね毛をガムテープで無理やり抜いていた記憶もあります。

 

もちろんビックリするくらい痛いのですが、痛いのを我慢できるくらい体毛が濃いのがコンプレックスだったということです。
特にヒゲを毛抜きで抜くときの鼻の下辺りなんかはヤバイくらいの激痛が走るんです。

 

しかも、抜いて数日は綺麗な状態が続くのですが、1週間も経つとまた元通りのみっともないヒゲが生えてきますから、また毛抜きで抜くという無限のループです。

 

要するに、高校生の時はヒゲが生えてきたら毛抜きで抜くという行為を1週間くらいのスパンで繰り返していたわけですね。

 

社会人になると毛抜きでヒゲを抜いている時間もありません、、、。

 

時間がないかと言われると少し言い過ぎかもしれませんが、抜いてから生えてくるまでの期間が徐々に短くなってきたので、メンドくさくなったのが正直なところですね。

 

20歳を超えた頃には毛抜きでヒゲを抜くのをヤメて髭剃りでヒゲを剃るようになりました。

 

そして、約20年後、40歳近くになり、ゼロファクターに出会うまでずっとヒゲで悩まされてきましたが、濃いヒゲ、青ヒゲで得したことは正直一度もありませんし、損したことばかりでした。

 

そんな私が20年以上の間、濃いヒゲ、青ヒゲで損したことを書き出しましたので、ご覧ください。

濃いヒゲ・青ヒゲで損してきたこと

ヒゲに関連したあだ名を付けられる

ちなみに中学校の時のあだ名は、どろぼう、ひげおじさん、高校の時からつい最近までは、たけしと呼ばれていました。
(私の名前はたけしではありません。当時、少年ジャンプで連載していた世紀末リーダー伝たけしという漫画が人気で、小学生なのにヒゲが濃い主人公がたけしという名前だったからです。)

毛抜きでヒゲを抜いたから肌を痛めていた

ヒゲを抜くと肌を痛めるだけではなく、炎症やニキビをはじめとする肌のトラブルの原因になるのでマネはしないほうがいいです。
将来的に考えた場合もシミになるおそれだってあるんですよ。

髭剃りの回数が必然的に多くなる

営業の仕事をしている時なんかは夜に剃って朝にも剃っていた時もありました。
カミソリ負けがヒドくて毎日のように肌荒れしていた記憶が、、、。

コンパや飲み会に行っても顔よりも先に口元を見られている気がする

これは、もしかしたら気のせいかもしれませんが、初対面の女性と話をするときは、口元の青ヒゲを何よりも最初に見られている気がしました。
いや、きっと気のせいではないと思います、、、。

年齢より年上にみられる

どこへ行っても、実年齢より上にみられます(悲)
生きてきて自分の本当の年齢より下に言われたことはありませんでした、、、。
きっとヒゲが濃いせいだと思います。

20年以上続いたヒゲのコンプレックスをなくしたのは、、、

このように、20年以上も濃いヒゲで損していたんですよ。

 

それが、ゼロファクターを使用したら、たった4ヶ月でヒゲの悩みがなくなったんですよ。

 

20年以上の悩みが、4ヶ月でなくなったわけですから、ゼロファクターには感謝してもしきれないくらいです。

 

正直、もっと早くゼロファクターに出会いたかったのが本音ですが、過去には戻れないのは当たり前の話ですよね。

 

だからこそ、私と同じように濃いヒゲ、青ヒゲにお悩みの方には、もう少し早くゼロファクターに出会って欲しいと思うのです。

 

だって、何度も言いますが、ヒゲが濃いことで得することって本当に一つもないですからね。

 

↓ゼロファクターの公式サイトはこちら↓